カンシュタッター・フォルクスフェスト,ビール祭りとは?

この記事は約 2 分で読めます。

猛暑の夏が近年続く中

皆さまはビアガーデンに

参加したことはありますか。

 
最近では各国の地ビールもあり

盛り上がっているかと思います。

 
今回は世界におけるビール祭り

ドイツ

「カンシュタッター・フォルクスフェスト」

(Cannstatter Volksfest)

の様子や開催地について

紹介したいと思います。
 

スポンサーリンク

カンシュタッター・フォルクスフェストとは?

カンシュタッター・フォルクスフェストは

ミュンヘンのオクトーバー・フェストに次ぐ

ドイツで二番目に大きいビール祭りです。

 
2016年は、9月23日から10月9日まで開催です。

 
シュトゥットガルト市の中心を流れる

ネッカー川沿いにある

カンシュタッター・ヴァーゼンという

大きな広場がその会場になります。

 
会場の中心には、

高さ24メートルのフルフトゾイレ(収穫の柱)

という名前の、果物や野菜を

モチーフに彩られた木製の柱が

立てられます。

 
その周囲に地元のビール会社の

大規模なビールテントが立ち並び、

移動遊園地も設置され、多くの市民、

観光客がビール片手に郷土料理に舌鼓を打ち、

民族音楽を聴きながら盛り上がります。

 
この祭りは、

シュトゥットガルト市長がビール樽に

注ぎ口を打ち込んで開始されます。

 
◇カンシュタッター・フォルクスフェストの様子

カンシュタッター・フォルクスフェスト2
 

カンシュタッター・フォルクスフェストの歴史は?

約200年前、1818年に行われた

収穫感謝祭にまで遡ります。

 
当時は現在に比べ、

農業の収穫も不安定だったので、

農作物の収穫を神に感謝するために

行われたそうです。

 
今では、収穫に感謝すると同時に、

これから迎える冬に備える

気持ちの区切りにもなる

イベントになっているんですね。

 

スポンサーリンク


開催地はどんな所?

カンシュタッター・フォルクスフェストの開催地

シュトゥットガルトは、

ダイムラー、ポルシェ、ボッシュ

といった世界的企業の本社を有する

工業都市です。

 
同時に、その位置する

バーデン・ヴュルテンブルク州は

ワイン用のブドウ栽培を始めとする

農業も盛んで自然も豊かな都市です。

 
なので、このビール祭りでは

ビールの他に

地元のワインも愉しむことができます。

 
日本ではなかなか味わう事も出来ない、

地ビールや地ワインを思い切り愉しみに

出掛けてはいかがでしょうか?

 

カンシュタッター・フォルクスフェスト交通情報

 
◇シュトゥットガルトへのアクセス

フランクフルトや、ミュンヘン、

フランスのストラスブール等へは

鉄道で1時間から2時間程度で行くことができ、

ヨーロッパのへそのような立地です。

 
また、フランクフルト空港からは、

ルフトハンザが航空機扱いの

特急を走らせており

1時間強で到着します。

 

カンシュタッター・フォルクスフェスト問い合わせ

カンシュタッター・フォルクスフェスト公式サイトはこちら

(ドイツ語サイト)

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ