ベルギーの「有名なもの」8選!


この記事は約 3 分で読めます。

西ヨーロッパの国、ベルギーはフランス、

ドイツ、オランダ、ルクセンブルクと

国境を持つ王国です。
 

2018年7月1日現在、

サッカーではFIFAランク3位であり、

大変な強豪国です。
 

ベルギーのことはサッカーを通じて知っている

という方も多いのではないでしょうか。
 

そんなベルギーですが、

もちろんサッカーだけの国ではありません。
 

この記事では、

ベルギーについて有名な人、もの、建物など

についてまとめます。

スポンサーリンク

ベルギーの「有名な食べもの」3選!

日本にも和菓子があるように

ベルギーにもベルギーを代表するお菓子

がいくつもあります。
 

ベルギーの代表的な有名な

食べ物を紹介していきます。
 

①ベルギーチョコレート
 

 
ベルギーといえばやっぱりチョコレートです。
 

チョコレートの老舗ブランドである

コートドールは

甘いコクのある味です。
 

日本でもゴディバは有名ですね。
 

チョコレートではありませんが、

キュベルトンというベルギー伝統の

砂糖菓子も有名です。
 

②ベルギーワッフル
 

 
ベルギーはワッフルも有名です。
 

各地に展開しているワッフルのお店マネケンは

ベルギーワッフルのお店です。
 

ですが、これは日本人の舌に合わせて

作られたものです。
 

ベルギー国内で食べるワッフルは

お店でナイフとフォークを使って

食べるもので、

生地自体の甘さは控えめです。
 

③ベルギービール
 

 
ベルギービールはビール好きの方は

ご存知でしょう。
 

ベルギービールは独特な味わいのものが多く

様々な味のビールが楽しめます。
 

ベルギー国内で飲んでも色、

香り、味、度数が様々で全く違った感覚で

ビールを味わうことができるでしょう。
 

銘柄ごとに専用グラスがあることが

多いのも特徴で、

それも楽しみの一つと言えます。
 

スポンサーリンク


ベルギーの「有名な偉人」2選!

①ピーテル・パウル・ルーベンス
 

 
ルーベンスはベルギー出身の画家です。
 

『フランダースの犬』

と言えばお判りでしょうか。
 

ネロ少年が最後に見たいと言ったのは

「ルーベンスの2枚の絵」でしたね。
 

『フランダースの犬』の舞台も

ベルギーです。
 

ネロ少年が息を引き取ったフランドル地方の

アントワープの大聖堂も見どころの一つ。
 

  • 『キリスト昇架』
  • 『キリスト降架』

も飾られています。
 

余談ですが、

『フランダースの犬』の原作者ウィーダは

イギリス人で、

悲劇的なエンディングなことから、

ベルギー本国では不人気の作品です。

 
また、海外全般でラストシーンが

受け入れられず、

ネロ少年とパトラッシュが死なずに

ネロの父親と仲良く暮らす

というストーリーが追加されています。
 

②エルジェ
 

 
エルジェはベルギーの漫画家で

『タンタンの冒険』

を書いたことで有名です。
 

ラ・ブティック・タンタンなど

タンタンの専門店もあり、

ここでしか手に入らない

グッズもあります。
 

お好きな方は是非一度足を

運んでみてはいかがでしょうか。
 

ベルギーの「有名な建もの」2選!

①小便小僧
 

 
小便小僧には諸説ありますが、

爆弾の導火線に小便をかけて消し

街を救ったという話から、

その少年の名前にちなんで

「ジュリアン坊や」

として親しまれています。
 

ブリュッセルには

小便少女ジャンネケ・ピスもありますが、

こちらはあまり親しまれていないようで、

周りはガラガラだそう。
 

現在は見ることは出来ますが、

南京錠がかけられています。
 

②聖母大聖堂(ノートルダム大聖堂)
 

 
「フランダースの犬」でも登場した

国を代表する建築物「聖母大聖堂」です。
 

絵画として有名な

  • キリスト昇架
  • キリスト降架
  • キリストの小堤
  • 聖母被昇天

といった様々な絵画が存在します。
 

歴史的な建造物に触れて

自分の中にある新しい価値観

世界観を一新していきましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ