フランス「アルル」の名所は?見頃時期,地図?


この記事は約 2 分で読めます。

みなさんはフランスと街といったら

どこを思い浮かべるでしょうか。

 
フランスでは魅力的な街が

数多くの旅行者を歓迎してくれています。

 
フランス南部、プロヴァンス地方に位置する

悠然と流れるローヌ川に沿って

築かれた魅力的な街

「アルル」の名所や見頃時期、地図

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アルル旧市街の名所とは?

紀元前6世紀に街が築かれた

アルルの歴史は古く

街のいたるところで古代ローマ遺跡を

見かけることができます。

 
古代ローマ人はこの地に

地中海へ繋がる運河を建設し、

アルルは地中海交易の要所として

重要な役割を果たしていました。

 
現在もアルル旧市街には

数多くの古代ローマ遺跡が残っています。

 
かつて2万人もの観客を

収容したフランス最大の

大きさを誇る

円形闘技場

アルル
 
その他にも喜劇・演劇などが催されていた

  • 古代劇場
  • 地下回廊
  • コンスタンティヌス共同浴場

をはじめとする

数々の古代ローマ遺跡群があります。

 
アルルが地中海交易の要所として

いかに重要な地であったかを

物語っているかのようです。
 

アルルはゴッホが愛した街!?

アルル旧市街は中世の面影を

色濃く残しています。

 
そのためアルルは数々の文芸家に愛され、

小説家のアルフォンス・ドーテは

「風車だより」

でアルルの魅力を綴っています。

 
さらに近代絵画の巨匠

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは

アルルで晩年を過ごし、

  • ひまわり
  • 過労
  • アルルの病院の中庭
  • ファンゴッホの寝室
  • アルルの女
  • 夜のカフェテラス
  • アルルの跳ね橋

など、数々の名画を

世に送り出しました。

 
アルル旧市街で

赤レンガ色の屋根をした古い建物が並ぶ

石畳の細い路地を歩いていると

まるで中世にタイムスリップした

ような気分を味わうことができます。

 
歴史的情緒が漂う街並み

抜けるような青空

白い雲が織りなす風光明媚な景色は

ドーテが綴った

「風車だより」のイメージや

ゴッホが描いた絵画そのままの世界です。

 
アルフォンス・ドーテ
 

スポンサーリンク


アルルはの見頃時期は?

地中海性気候のアルルは

冬でも温暖で四季折々で美しい景色を

楽しむことができます。

 
ベストシーズンは

円形闘技場で闘牛が行われる

復活祭(3月22日~4月25日)から9月

までの間です。

 
みなぎる熱気の中での臨場感あふれる闘牛は

かつて古代ローマ時代に

円形闘技場で行われていた

凄まじい闘技を彷彿とさせます。

 
アルル旧市街の観光は

1日あれば充分ですが時間に余裕があれば

この地に1~2泊滞在してアルル郊外まで

足を延ばすことをおすすめします。

 

アルル地図情報,地図

アルルに是非行こうと思っている方

一度どのあたりにアルルがあるか

確認してみて下さい。

 

アルル郊外カマルグ湿原とは?

アルル郊外のカマルグ湿原には

豊かな大自然が広がっており

野鳥や野生の馬をはじめ

数多くの野生動物が生息しています。

 
カマルグ湿原はヨーロッパでも

有数のフラミンゴの飛来地であり

フラミンゴの群れを見ることもできます。

 
時折吹き抜けるミストラル

(プロヴァンス地方で吹く地方風)

を肌で感じれます。

 
是非一度、プロヴァンス地方の

眩しい陽射しを浴び

抜けるような青空とのコントラストが

美しいアルル旧市街を散策をしてみて下さい。

 
晩年のゴッホが過ごした生活を偲び、

カマルグ湿原で豊かな大自然が

魅せる美しい景色を眺めることができる

に違いありません。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ