トルコのオイルレスリングはどんな大会?優勝賞品は?

この記事は約 2 分で読めます。

世界各地では様々な

イベントが開催されています。

 

その中にはちょっと変わった

スポーツイベントもあります。

 

「えっ!?

そんなスポーツイベントがあるの?」

という少しユニークなものを

今回は紹介したいと思います。

 

それはトルコで開催されている

「オイルレスリング大会」

です。

スポンサーリンク

どんな大会?優勝すると?

〇開催時期、場所

毎年6月から7月にかけて

トルコとギリシャの

国境の街・エディルネで開催される

「クルクプナル・オイルレスリング」

 

エディルネは

イスタンブールからおよそ230km、

トルコで最も西に位置する街です。

 

〇参加方法

日本からの公式ツアーはないため、

自分でエディルネまで行くしかありません。

 

〇大会ルール

この大会は競技者が全身に

オリーブオイルを塗った

状態でレスリングをします。

 

身につけるものは、

牛の革製の競技用パンツ

のみで上半身は裸です。

 

ルールは相手を倒したら勝ちです。

 

優勝者にはなんと

トルコ大統領から

金のベルトが贈呈されるんです!

 
◇オイルレスリングの選手達
オイルレスリング
 

オイルレスリングは驚きの歴史あり!!

オイルレスリング

(トルコ語では:ヤールギュレシ)

はトルコの伝統格闘技であり、

650年を超える歴史

を持っています。

 

また、

トルコ共和国の国技でもあります。

 

トルコ国内でさまざまな

トーナメントが行われており、

主要なものだけでも年間に40大会あります。

 

「クルクプナル」は毎年開催される

オイルレスリングの全国大会でして、

「40の泉」という意味を表しています。

 

参加レスラーはおよそ1800名で、

格闘技大会で世界最古

とされています。

 

さらに、

オリンピックの次に

世界で古いスポーツ大会

です。

 

スポンサーリンク


オイルレスリング雑学

どうしてオイルを塗るのか

はっきりとした説はありませんが、

①レスラーが自分の体をより美しく見せる為

②ヌルヌル滑る油で体を掴みにくくする為

③オイルによって体を清め、虫除けをする為

などの説があります。

 

オイルレスリングの醍醐味

全身にオイルが塗られているため、

通常のレスリングとは全く違う競技です。

 

ヌルヌルで皮膚と皮膚との摩擦が少なく、

相手選手を掴んで投げ技を

繰り出すのは簡単ではありません。

 

強靭な肉体がないと

相手を掴むことすら出来ません。

 

そのため、

どの試合もとてもパワフルで見応えがあります。

 

エディルネ地図情報

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ