夏の祭りスペイン-グラシア祭りとは?見所,地図は?


この記事は約 2 分で読めます。

みなさんは町全体で開催する

お祭りといったら

何を思い浮かべるでしょうか。

 
海外では町をあげて

多くのパフォーマンスを

繰り広げるお祭りがあります。

 
今回はそんな中から

スペインバルセロナで開催される

「グラシア祭り」

(La Festa Major de Gracia)

の見所や地図情報について

紹介したいと思います。

 

グラシア祭とは?

「グラシア」というのは、

バルセロナ市内の町の名前です。

 
バルセロナでは毎夏8月の後半、

町の風物詩として

このグラシア祭りを開催しています。

 
数多くの通りが交差する

クリエイターやアーティストが

比較的多く住むエリアだそうです。

 
東京でいうと自由が丘の

イメージでしょうか。

 
この期間中

グラシアの町は多くの通りを

通行止めにして、

ライブやワークショップ、

人間の塔といった

パフォーマンスが繰り広げられます。

 
スペインでは、

人間の塔を作るというのは

ポピュラーな催しだそうです。

 

グラシア祭動画

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


グラシア祭り見所

グラシア祭りの中でも

いちばんの盛り上がりを見せるのが、

グラシアの町にある各々の通りによる

対抗戦で行われる「装飾コンクール」です。

 
各通りの住民やお店の人が一緒になって

自分たちの通りを彩って、

どこが一番かを競うのです。

 
例えば、

ある通りはゾンビをテーマにして

手作りのゾンビ人形を通りのあちこちに

配置したりするといった具合です。

 
いかにも手作り感満載で

まるで中学校の文化祭みたいなノリですが、

地元愛を感じられて微笑ましいです。

 
実は、このグラシア祭り、

最初に行われたのが

1817年ということですから、

もう200年の歴史があるそうです。

 
バルセロナ、グラシアの町の文化祭、

体験しに行ってみませんか?

 
◇グラシア祭り:プルタブで作った像

グラシア祭り(アルミ感の蓋
 

開催地バルセロナはどんな所?

スペイン第二の都市バルセロナは、

地中海の温暖な気候に恵まれた、

カタルニア州の州都でもあります。

 
カタルニアは、

マドリッドを首都に持つ

カスティリアと統合して、

スペインになっています。

 

政治的にはマドリッドが

仕切ることが多くなり、

スペインに対するライバル心を

強く持ちます。

 
現在でもカタルニア語を喋る市民が多く、

スペインからの独立の動きが絶えません。

 
そう簡単に独立とはならないでしょうが、

カタルニア住民のカスティリアに対する

対抗心はそれだけ強いのです。

 
政治的な側面やライバル意識からか

バルセロナは経済のみならず、

文化都市としても存在感を増しています。

 
個性的なデザインで有名な

アントニオ・ガウディの建造物は、

サグラダ・ファミリアだけではなく、

街の至る所でアクセントとなっています。

 
自ずと、市民の芸術に対する

関心も高いようです。

 

グラシア祭り交通情報

 
グラシア地区へのアクセス

地下鉄のFontana駅が最寄り駅になります

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ