ツナラマ・フェスティバルの参加方法,開催時期は?

この記事は約 2 分で読めます。

世界各地で様々な変わったイベンドが

開催されていることをご存知でしょうか?

 

日本国内では決して

参加することの出来ない、

ユニークなイベント。

 

今回紹介しますイベントは、

日本が世界でもっとも

消費している魚

「マグロ」

を使用して行われるイベントです。

 

その名も「ツナラマ・フェスティバル」

毎年オーストラリアで開催されています。

参加方法や開催時期を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

どんなお祭り?開催時期は?

「ツナラマ・フェスティバル」は

南オーストラリア最大の港街、

ポート・リンカーンで

「毎年1月」

に開催されています。

 

1962年から始まった

歴史あるシーフードの祭典です。

 

この港では

クロマグロ、ホタテ

ロブスター、エビ、アワビ

などさまざまな海鮮が取れるため、

開催期間中はマーケットに

さまざまなお店が並びます。

 

どのお店もとても美味しいです。

 

また、

海の生き物のコスチュームを

身にまとったパレードや

打ち上げ花火などのプログラムもあり、

大人でも子どもでも

楽しむことの出来るフェスティバルです。

 

そしてこのフィスティバルの一番の目玉は、

「マグロの放り投げコンテスト」

です。

 

大きなマグロのレプリカ(8kg~10kg)

を砲丸投げのように投げて、

どれだけ遠くまで飛ばせるか

を競うもので、

とてもユニークですよね。

 

ハンマー投げのオリンピック選手も

出場したことがあるハイレベルな大会です。

 

賞金を巡って

ダイナミックな戦いが繰り広げられます。

 

そのほかにも手を使わない

スイカの早食いや

エビの皮むき競争など、

ユニークな競技が色々行われています。
 

ポートリンカーン地図情報

 

スポンサーリンク


参加方法は?

日本から

「ツナラマ・フェスティバル」

に参加するツアーはありません。

 

そのため、参加方法は

①現地のツアーに申し込む

②自分でチケットを手配して参加する

しかありません。

 

あるていど海外へ

行き慣れていないと難しいかもしれません。

 

フェスにまつわる驚き雑学

2007年までは

「本物のマグロ」

を投げていたのです。

 

本物のマグロを投げてしまっては

もったいないという理由から、

2007年以降は本物のマグロに

そっくりなレプリカに変わりました。

 

そのため今では本物のマグロを

投げることが出来ないので、

少し残念ですね。

 

︎ツナラマ・フェスティバル
お問い合わせ

ツナラマ・フェスティバル
公式ホームページはこちら

(英語サイト)

オーストラリア政府観光局
公式ホームページはこちら

(日本語サイト)

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ