飛行機の搭乗は「何分前」が良い?


この記事は約 2 分で読めます。

ゴールデンウイークやお盆、年末年始には

海外旅行に行く人も多いです。

 

海外旅行でなくとも、

ある程度の距離があれば

飛行機を利用するのが便利ですよね。

 

飛行機に乗りなれている方は

あまり困らないですが、

普段飛行機に乗らないの方が多いですよね

 

そこで今回は飛行機に

搭乗する際の手続きフローと、

搭乗何分前に到着するのが良いか

をまとめました。

スポンサーリンク

飛行機の搭乗フローは?それぞれ何分かかる?

では、さっそく

空港に到着してから飛行機に乗るまでの

流れを見ていきましょう。

①搭乗手続きを行う

「5分~10分」

搭乗手続きを行うのは

自動チェックイン機を使います。

 

ここではeチケットのお客様控えを見ます。

そこに予約番号、確認番号があるので、

入力後に航空券を発券されます。

 

JALやANAのカウンターは空港中央部、

LCCは専用ターミナルに

設置されていることが多いです。

 

②航空会社のカウンターに向かう

「5分~10分」

搭乗手続きのために

航空会社のカウンターに向かいます。

 

航空券などを渡して、

手続きをしてもらいます。

 

③荷物を預ける

「10分~15分」

搭乗手続きでチケットなどを渡したら、

カウンターで荷物を預けます。

 

機内に持ち込む手荷物ではなく、

例えば、

服1週間分入れている大きい荷物などです。

 

飛行機に持ち込めないものがあった場合には、

自宅に送るか捨てる必要があります。

 

もしそうなると余計に時間を取られるので、

あらかじめ確認しておきましょう。

 

④手荷物検査をしてもらう

「15分~20分」

機内に持ち込む手荷物検査を行います。

 

こちらも引っかかると

時間がかかりますので、

機内に持ち込むことができないものを

持ち込まないように

あらかじめ確認しておきましょう。

 

⑤搭乗口へ向かう

「5分~10分」

出発ロビーに向かいます。

 

大きい空港であれば、

数百メートルは歩くことになります。

 

乗る飛行機によっては

空港の反対側まで歩くことになったり、

迷子になるような空港もあります。

 

海外の大きい空港などは

電車のような乗り物で移動したりと

「30分」以上と

長めに見ておいた方が良いでしょう。

 

⑥飛行機に乗る(搭乗口で待つ)

「10分~25分」

基本的に搭乗口には

出発時刻の10分前に

到着しておかなければなりません。

 

LCCの場合にはもっと前、

20分から25分前に

到着しておく必要があります。

スポンサーリンク


飛行機の搭乗は「何分前」が良い?

これまでの時間をまとめると、

空港到着~飛行機の搭乗までは

「70分前」

手続き完了から飛行機の搭乗口待機までは

「10分~30分前」

 

ただし、ゴールデンウイークやお盆、

年末年始など人が多い時期は

手続きに時間がかかります。

 

その場合、

空港到着~飛行機の搭乗までは

「120分前」

手続き完了~飛行機の搭乗口待機までは

「10分~30分前」

 

このように繫忙期は人が多く、

それぞれにかかる時間がさらに増えるので

余裕をもって2時間前

不安であれば3時間前

に到着しておきましょう。

 

搭乗口エリアには

お土産屋さんやカフェなどがあり、

ある程度時間をつぶすことができます。

 

ギリギリに行くより

早く着いたほうがリスクが少ないので、

余裕をもって到着するようにしましょう。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ