海外で日本スマホの「アンテナ反応」は?


この記事は約 4 分で読めます。

海外に行く時に、

困るのがスマートフォンの扱い方。
 

海外でそのまま日本スマホを使えるのか、

海外だと高額料金を

請求されるらしいが本当なのか。
 

心配な点が多いと思います。
 

今回は

スマートフォンを海外で使用する方法や

アンテナの反応

などについてまとめました。

スポンサーリンク

海外で日本スマホの「アンテナ反応」は?


 
スマートフォンは

海外で使用することが出来ます。
 

ただし、国によっては

使えない場所もあるので注意が必要です。
 

また通信速度という観点で見ていきます。
 

◇2018年世界各国通信速度

  • 1位 ノルウェー:63.19Mbps
  • 2位 アイスランド:58.68Mbps
  • 3位 カタール:55.17Mbps
  • 4位 シンガポール:54.71Mbps
  • 5位 オランダ:53.42Mbps
  • 47位 日本:29.11Mbps

◇世界の固定回線の下り平均速度

  • 1位 シンガポール:175.13Mbps
  • 2位 アイスランド:153.03Mbps
  • 3位 香港:138.31Mbps
  • 4位 韓国:114.67Mbps
  • 5位 ルーマニア:109.9Mbps
  • 16位 日本:87.97Mbps

海外でスマートフォンを使用すると、

海外の通信会社に繋がります。
 

これにより日本では当たり前の

定額プランが適用されず、

高額な通信費を請求されることになります。
 

スポンサーリンク


海外で日本スマホを快適に使う方法は?


 
海外でスマートフォンを使う方法は

以下のようなものがあります。
 

①キャリアの海外料金プランを利用

②海外用モバイルWifiを使う

③設置されたWifiスポットを利用

④海外のSIMカードに差し替える

⑤eSIMに変える
 

一つずつ見ていきましょう。
 

①キャリアの海外料金プランを利用
 

 
日本の3大キャリア

  • docomo
  • au
  • softbank

には海外料金プランというものがあります。
 

このプランは、1日ごとの定額制で

海外でパケット通信が出来るものです。
 

「ドコモ:パケットパック海外オプション」

「au:世界データ定額」

ドコモとauが提供しているサービスです。
 

24時間980円で、

日本で契約しているパケットパックの

データ量が使える定額サービス

パケットパックの容量を超えない限りは

パケット代がかからないのが魅力の一つです。
 

  • ドコモ(海外パケ・ホーダイ)
  • au:(海外ダブル定額)
  • ソフトバンク:(海外パケットし放題)

3キャリアとも内容は同じで、

25MBまでの通信であれば1980円/日

それ以上であれば2980/日で

パケットし放題になるというものです。
 

グーグルマップなどを開いて地図をみると、

一瞬で25MBは超えてしまうので

安くしたいのであれば注意が必要です。
 

「Softbank:(アメリカ放題)」
 

Softbankだけのサービスで、

iPhoneを使っている人であれば

アメリカでの通話、

モバイルデータ通信

メールがし放題のサービスです。
 

2018年9月現在キャンペーン中で

使用料金は無料ですが、

キャンペーンが終了次第、

月額980円での提供になります。
 

「データ定額 50GBプラス/ミニモンスター」

または「データ定額 5GB」以上に

加入している人は、

キャンペーン後も無料となります。
 

②海外用モバイルWi-Fiを使う
 

 
海外用のモバイルWi-Fiを利用することで、

通信費を安く使用することが出来ます。
 

行く地域やプランにもよるが、

300MBの通信費であれば

100円/日前後で使用出来るプランや、

無制限でも1000円/円程で使用出来ます。
 

友人などで旅行する場合、全員で分担し

支払うことでかなり安くなります。
 

契約は日本で出来ますので、

旅行に行く前に契約しておくと良いでしょう。
 

③設置されたWi-Fiスポットを利用
 

 
日本でも最近増えてきましたが、

海外ではいたる所に

Free Wi-Fiが設置されています。
 

普段は通信出来ないように設定しておき、

Free Wi-Fiが使えるスポットで

通信することにより、無料で

スマートフォンを使用することが出来ます。
 

④海外のSIMカードに差し替える
 

 
SIMフリーのスマートフォンを

持っている場合、

海外のプリペイド式SIMカードを

購入することで、海外でも

スマートフォンを使用することが出来ます。
 

プリペイド式なので、

購入した分以上の通信がかからないので、

使いすぎる事もなく、安心して使えます。
 

ただし、現地で購入する場合

設定する知識や、言語の壁、

また最近は販売が厳しくなっており、

パスポートの提示などを

求められることも多いです。
 

⑤eSIMに変える
 

 
次世代型SIMと呼ばれるもので、

特徴として、

1つのSIMで複数のキャリアを

使用することが出来るというものです。
 

これにより、SIMカードを

交換すること無く海外で

現地のキャリアに切り替えて

すぐ使用することが出来るようになります。
 

海外でSIMを買う必要がなく

大変便利ですが、日本では

ごく一部の機種しか対応しておらず、

日本での普及はまだまだ

時間が掛かりそうなのが現状です。
 

どうでしたか?
 

海外でスマートフォンを使用する方法を

幾つか紹介しました。
 

どの方法を選ぶかは

滞在日数なども考えて選ぶ必要があります。
 

短期間であればキャリアのプランでも

問題ありませんが、

1ヶ月かそれ以上になる場合、

モバイルWi-Fiか、

海外のSIMを使用した方が良いでしょう。

 
海外旅行に行って、通信費が気になって

旅行が楽しめないのもつまりません。
 

旅行を楽しめるように、

行く前から準備をしておきましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ