住所の海外変換まとめ!名前、電話番号の書き方も紹介!


この記事は約 3 分で読めます。

 
日本では販売していないものでも、

通販を利用すれば気軽に欲しいものが

手に入るようになりました。

 

海外の通販サイトを利用する場合、

購入したものを届けてもらうために、

届け先の住所を伝えなくてはいけません。

 

ですが、日本と海外の住所表記では

書き方が異なるため、知らないと

なかなか苦労するものです。

 

そこで今回は、

日本の住所や名前を海外では

どのように変換すれば良いのかまとめました。

スポンサーリンク

海外の住所入力フォーム英語変換まとめ!

入力フォームが用意してあって、

そこにそれぞれを入力することがあります。

そのときには、

以下のように解釈しましょう。

Full Name

→氏名

氏名がFirst Name, Last Name

に分かれているときは、

First Nameには名前

Last Nameには苗字を記載します。

 

Adress Line

→住所

住所のAdress Line が

Adress Line1, Adress Line2

に分かれている場合は、

Adress Line1には番地までの住所

Adress Line2には

建物名・部屋番号を書きます。

 

City

→市町村

 

State/Province/Region

→都道府県

 

ZIP/ZIP CODE

→郵便番号

 

Country

→国名

 

Phone Number

→電話番号

少し分かりにくいのが、

電話番号を記載するときには、

先頭の0をとって

国際番号(+81)を書きます。

「01-2345-6789」なら

「+81-1-2345-6789」となります。

スポンサーリンク


住所の海外変換まとめ!

日本の住所を以下の通りだとします。

「〒103-0027

東京都中央区日本橋

4丁目1番地1号

日本橋荘101」

 

実際にこのような住所はありませんし、

建物も架空ですが便宜上使用します。

 

これを英語の住所に変換すると、

次のようになります。

「#101

Nihonbashi-sou,

4-1-1 Nihonbashi,

Chuou-ku, Tokyo-to,

103-0027, Japan」

 

どのように変換したかというと、

基本的には日本語の住所とは

逆に表記していきます。

 

日本語の住所表記が、

広い方からどんどん狭い範囲を

指定していくのに対して、

英語の住所表記はその逆。

狭い方から順に表記します。

 

ですので、

「郵便番号 都道府県 区 

町 番地 建物名 部屋番号」

があるとするなら、英語では

「部屋番号 建物名 番地 

町 区 都道府県 郵便番号」

の順番に並べます。

 

最後にJapanと加えれば変換完了です。

 

ただし、いくつか注意点があります。

・一行で書くならそれぞれの間に

カンマを入れましょう。

数行に分けて書くならカンマは必要ありません。

 

・郵便番号の記号「〒」は

英語では必要ありません。

 

・中央区には

「Chuou-ku」「Tyuuou-ku」等、

様々なローマ字表記が考えられますが、

海外の業者の方が見るのはJapanだけで、

あとは日本に来てから日本の人が見ますので、

日本人にわかるように書けば問題ありません。

 

区の無い住所なら、例えば

「〒722-0073

広島県尾道市向島町有井8-8-8」

であれば

「#8-8-8 Arii

Mukaishima-chou, Onomichi-shi,

Hiroshima-ken

722-0073

Japan」

となります。

 

日本の住所を英語住所に変換してくれる、

ブラウザ上のサービスもありますので、

心配ならそういうサービスを利用してみましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ