結婚メッセージの短い一言英語ベスト6選!

この記事は約 2 分で読めます。

友人や職場の人が結婚されるとき、

プレゼントやメッセージカードを送って

お祝いしてあげたくなるものですよね。

 

そんなとき、

お祝いの一言を英語でさらっと書いて

カードを添えたり、言えたりしたら

かっこいいと思いませんか?

 

カードに添える言葉も英語で書いてあると、

とてもおしゃれに見えますよね!

 

日本語では「結婚おめでとう」「お幸せに」

くらいしかバリエーションがありませんが、

英語ではいくつか短いフレーズの

バリエーションがあります。

 

今回はそんな短い結婚メッセージの

英語例文を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


結婚メッセージの短い英語分6選!

①「結婚おめでとう!」

“Happy Wedding!”

“Congratulations

on your wedding!”

 

これは定番の英語フレーズです。

 

よく耳にしますよね。

 

②「末永くお幸せにね」

“Happy Ever After.”

 

Ever Afterは

「今後ずっと」という意味です。

 

幸せがこれからずっと

続いていきますように、

という意味を込めて贈るメッセージです。

 

ちなみに、この

Happy Ever After

というフレーズは、

シンデレラや白雪姫などの

ハッピーエンドで終わる昔話にも、

「いつまでも幸せに暮らしました」

という意味で使われます。

 

③「心から祝福します」

“I’m so happy for you.”

 

I amではなくWe areを使うと、

「私たちは」となり、

「あなたの周りの人たちは

あなたたちを祝福しています」

というニュアンスになります。

 

親戚を代表して、

友人を代表してお祝いの一言を

述べるときにはWeを使うといいでしょう。

 

④「お幸せにね」

“Best wishes.”

メッセージの結びに使われるフレーズで

「あなたに幸あれ」

「たくさんの幸せが訪れますように」

という気持ちを込めて贈る言葉です。

 

結婚のお祝い以外にも、

普段の手紙やメッセージの結びの

言葉としても使うことができます。

 

⑤「幸せな結婚生活を送ってね」

“Happy wedded life.”

こちらも結婚のお祝いには

定番のフレーズです。

 

“wedded”は「既婚」という意味で、

結婚したあとの既婚者としての

人生を表すために使います。

 

⑥「新婦と新郎に乾杯!」

“Let’s make a toast

to the bride and groom.

Cheers!”

 

こちらは結婚式での乾杯の挨拶です。

 

“Let’s make a toast“は

「乾杯する」という意味です。

 

”toast”はご存知、

トースト=焼いたパンです。

 

なぜ「トーストを作ろうぜ!」が

乾杯の意味になったかと言うと、

その昔、ワングラスにトーストを

ひとかけらグラスに入れて飲むという風習があり、

そこからきているんだとか。

”bride”は「新婦」

”groom”は「新郎」

という意味ですね。

 

いかがでしたか?

 

今メッセージ以外にも、

ウェルカムボードに書いてみるのもいいですね。

 

どれも難しくないフレーズですので、

友人や職場の人の結婚式が近々ある人は、

ぜひこれらのフレーズを使ってみてください。

 

そのときには、心からお祝いする気持ちを忘れずに!
 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ