「行ったことがある」のネイティブ英語は?


今回紹介する英語は

「行ったことがある」

 

どこかに旅行に行ったときや、

有名な場所を訪れたとき

「あっ、私ここに行ったことがある!」

と言いたくなりますよね。

 

今回はそんな

「行ったことがある」の

ネイティブが使う英語についてまとめました。

では、さっそく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

「行ったことがある」の英語は?

この「行ったことがある」は

現在完了形といって、

中学英語で学習をしています。

 

まずは簡単に、

「現在完了形」について

復習をしていきましょう。

 

現在完了形は

大きく3つの用法があります。

①経験 「~したことがある」

自らの経験を表す用法。

②継続 「~している」

過去から現在まで

行われていることを表す用法。

③完了 「~してしまった」

過去の動作が完了し、

現在はその動作をしていないことを表す用法。

 

そんな「行ったことがある」を

意味する英語語は

「have been (to)」

(həv bɪn toː)

になります。

 

今回の英語「have been (to)」は

①経験用法になります。

スポンサーリンク


「行ったことがある」の英語の使い方は?

この経験用法では、

文章の中に回数を示す場合を

よく使います。

例) I have been to

this place once.

私はこの場所に一度行ったことがある。

 

回数を示す単語は

以下のようになります、

once (1回)

twice (2回)

数字+times(数字回)

また、

何度も訪れていることを表したい場合は、

many times

とすることもできます。

 

過去に来たことがある場合は、

I’ve been to

this place before.

私はかつてこの場所に行ったことがある。

 

Beforeを用いて

このように表すこともできます。

 

では、

次の例文を見てみましょう。

例) Have you ever

been to this place before?

– Yes, I have been there once.

あなたは今までこの場所に

行ったことがありますか?

― はい、私はそこへ

1度行ったことがあります。

 

経験用法の中のbeenは

goと同様の意味を表しています。

 

ただし、

1つの注意点として、

Have gone to the place

Beenとgoが同じ意味を表すので

この用法も正しいのでは?

と思うかもしれません。

 

しかし、

現在完了形でのgo は、

③完了用法の意味を示します。

例)He has gone to Paris

彼はパリに行ってしまった。

 

ここで、主語である

彼はパリに行ってしまった。

 

つまり今もパリにいる。

という意味になりますので注意してください。

 

いかがだったでしょうか。

「Have been to」

の用法はしっかり覚えると

非常に会話をする上で便利となります。

 

注意点と共に

確実に覚えておきましょう。
 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ