「ラ・ナプール城」の地図,自転車レンタル店は?


この記事は約 4 分で読めます。

フランス南部コートダジュールの

「ミモザ街道」上に位置する

今では毎年2月に開催される

「ミモザ祭り」が大変有名な

マンドゥリュー ラ・ナプール。

(Mandelieu La Napoule)

 

フランスでは

重要な八つの町の一つ

に指定されています。

 

しかし、

この町の波打ち際にひっそりと建つ

歴史と逸話にあふれた

「ラ・ナプール城」

については意外に

知られていないのではないでしょうか。

 

そこで今回は

フランス「ラ・ナプール城」

について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ラ・ナプール城 概要

中世の時代にヴィルヌーヴ家によって

建築されて以来、

何度となく破壊と再建設を繰り返され

ほぼ廃墟と化していました。

 

「ラ・ナプール城」を現在の様な

美しい姿に変貌させたのは、

歴史と芸術そして建築と造園を

こよなく愛するアメリカ人の

クルー夫妻の情熱と努力のおかげでした。

 

1918年にパリを経て、

ここにたどり着いた

クルー夫妻が城主となってから、

約20年近くに渡って妻のマリーが

城とその庭園の設計を手掛け、

アーティストの夫ヘンリーが

不思議で個性的な彫刻を創造し

庭園に幻想的な彩を添えました。

 

LaNapoule_Chateau

①フランス式、イタリア式、イギリス式

を巧みに取り入れた垣根

②トピアリーの美しい

大通りのある大庭園

③3つのテーマに分けられて

構成された小庭園

④石壁に囲まれた「秘密の庭園」

 

中でも「秘密の庭園」は

特にマリーさんのお気に入りで、

石壁の間の覗き窓から海の見える

その場所で彼女はいつも

休んでいたということです。

 

大通りからは見ることのできない

意をつく隠れスポットや、

ヘンリーさんのユニークで

幻想的な生き物たちの彫刻が、

庭園のあちらこちらで

あなたに発見されることを待っています。

 
125471791
 

この庭園には昔から生えている

大きな木も残されているため、

日陰も多くちょっとひと休みするのに

最適なベンチがところどころに

配置されているので、

きっとあなたもお気に入りの

隠れ場所を見つけることができるでしょう。

 

マリーさんも休んだ木陰のベンチで

静かに水の流れる噴水を眺めながら、

このお城に魅せられ情熱を注いで

美しく蘇らせたクルー夫妻の半生に

思いをはせてみてはどうでしょうか。
 
Chateau_de_la_Napoule_jardins-2

 

ラ・ナプール城開館日程

12月25日以外一年中オープン

 

2月7日から11月7日まで

10時から18時まで庭園を

自由に散策しながら鑑賞できます。

ガイド付きの城内見学ツアーの出発は

11時30分、14時30分、

15時30分、16時30分です。

 

11月8日から2月6日まで

週末とフランスの学校休暇期間は

10時から17時まで庭園を自由に

散策しながら鑑賞できます。

ガイド付きの城内見学ツアーの出発は

11時30分、14時30分、15時30分です。

 

それ以外の平日は、

14時から17時まで庭園の自由散策ができます。

ガイド付きの城内見学ツアーの

出発は14時30分、15時30分です。

 

*注意点

フランスは学校休暇期間が日本より多く、

また異なる時期であることも多いので

以下を参考にして下さい。

夏休み:2016/7/5から8/31

万聖節休暇:2016/10/20から11/2

クリスマス休暇:2016/12/18から2017/1/2日

冬休み:2017/2/5から3/5

春休み: 2017/4/2日から5/1
 

ラ・ナプール城 入場料

庭園のみの自由見学

大人 3・50ユーロ

7歳以下 無料

 

ガイド付き城内見学

大人 6ユーロ

学生もしくは17歳以下と

10人以上のグループ

4ユーロ

7歳以下 無料

 

スポンサーリンク


ラ・ナプール城見学の際の
持ち物、注意点

お城の南側の海に突き出すような

景色の良いカフェテラスには、

パラソルがありますが天気の良い日は

サングラスが必需品です。

 
le-chateau-de-la-napoule_36642

もちろん日焼け対策は万全に。

 

カフェテラスの開店時間

4月5日から9月15日までの

11時から17時までで、

コーヒー、紅茶、各種ソフトドリンク、

ワインやシャンペン等のアルコールを

カンヌの街やラ・ナプールのハーバーを

眺めながら楽しむことができます。

 

フランス人なら大人も子供も大好きな、

ヌテラ

(ヘーゼルナッツとチョコレートのペースト)

のワッフルもティータイムにおすすめです。

 

ラ・ナプール城 地図、交通アクセス

 

◇会場までの交通アクセス

Château de La Napoule

Boulevard Henry Clews

06210 Mandelieu-La Napoule

France

Tél. : 04 93 49 95 05

Fax : 04 92 97 62 71

 

カンヌから西に向かって

7KMの海岸に位置しています。

 

カンヌから

マンドゥリュー ラ・ナプールまで

海沿いに散策道路が続いているので、

紺碧の海をバックに心地良く

風を切ってすすむ

レンタル自転車が特におすすめです。
 

◇電車(TER)

公共交通機関を利用するなら

10分程度でカンヌと

マンドゥリュー ラ・ナプールを結ぶ

電車(TER)が走っています。

 

マンドゥリュー ラ・ナプール駅は

ラ・ナプール城の正面入り口の

すぐ向かい側にあり、

1時間に1本のペースで

出ているのでとても便利です。

 

お勧めレンタル自転車

①「MISTRAL LOCATION-CANNES」

4Rue George Clémenceau 06400 Cannes

MISTRAL LOCATION-CANNES公式ホームページ

普通の自転車、マウンテンバイク、

電気自転車をレンタルできます。
 

1日レンタル料金18ユーロから。

 

②「LOCAUTO」

23 Avenue du Campon

Bretelle montante autoroute 06110 le Cannet

レンタカーのお店で自転車を貸し出しています。
 

日本ではあまり見かけない

タンデム自転車も借りることができます。

 

半日レンタル料金10ユーロから。

(英語サイト)

「LOCAUTO」公式ホームページはこちら

 

*開店時間やその他の詳細は

上記の各ウェブサイトで確認して下さい。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ