セブ島のBonOdori in Cebuって何?

この記事は約 2 分で読めます。

盆踊りといえば日本の伝統的な祭り

として有名ですが、

海外でも行われてる場所があります。

 

語学学校が急増している

フィリピンのセブ島

です。

 

2015年は雨が降り

天候が悪かったのにも関わらず、

2014年に比べ

7000人以上も来客数が増えました。

 

そんな「BonOdori in Cebu」

のお祭りがどんなものか

まとめてみました。

スポンサーリンク

BonOdori in Cebuって何?

「フィリピンの子供たちに

日本の伝統的な祭りを見せてあげたい」

という考えを元に、

セブ在住の日本人たちが結集し、

日比交流委員会を

立ち上げ企画しました。

 

この祭りを通じて、

日本人とフィリピン人の

異文化交流を深める

ことも目的としています。
 

どんな催しものがあるの?

◯屋台

おにぎり、焼きとり

たこ焼き、ラーメン

など日本の食べ物が多くあります。

 

現地の人や語学学校の先生、

生徒らが出店してます。

 

今年はなんと82店舗もの

屋台がオープンしました。

 

ちなみに、

たこ焼き1セット頼んだら

20分くらいかかりました。

 

あまりにもひっくり返すのが遅く

自分が代わりたいくらいでした。

 

これもセブの日本祭りの

醍醐味かもしれません(笑)

 

◯金魚すくい

まさかあるとは思いませんでしたが、

金魚すくいができます。

 

金魚はどこから

持ってきたのでしょうか。

気になるところです。

 

◯お神輿

現地の子供たちや

ボランティアスタッフがお神輿を担ぎます。

やっぱしお祭りといえばお神輿ですよね。

 

まるで日本にいるかのように錯覚します。

 

◯コスプレイベント

主に日本のキャラクターの

コスプレイヤーが多くいました。

 

ルフィーやナルトなど様々です。

 

現地の方のコスプレが多く、

彼らは一体どこから

グッズを手に入れたのか。

 

コスプレに対する情熱と

アニメに対する愛情が感じられます。

 

◯花火

祭りのクライマックスには花火が観れます。

 

規模は日本に比べて小さいですが、

セブで見るからこそ感動します。

 

日本で得ることのできない

花火の感動がここにあります。

 

スポンサーリンク


開催日程、場所、入場料は?

開催日程:8月上旬の金、土曜日

場所:ファミリーパーク・タランバン

入場料:10ペソ(30円)

 

もともとフィリピン人は陽気なため、

「祭り」というイベントは相性が良いです。

 

そのため祭りを通じて、

日本人とフィリピン人が

一体となって盛り上がります。

 

祭りは国境を越える

イベントで素晴らしですね。

 

セブに来てタイミングが合えば

間違いなく行くべきです。

 

セブは年々発展しているので、

これからさらに規模が

大きくなることが予想されます。

 

当日はものすごく混み、

タクシーを捕まえるのも難しくなります。

 

余裕をもって行動して下さいね。

 

セブ島の地図

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ