韓国の場所別「4月気温」は?東京と比較!


この記事は約 2 分で読めます。

 
日本で「4月」と言えば、

長くて寒い冬がようやく終わり告げる時期です。

 

この時期の穏やかな温かさに、

ついつい「春眠」に誘われてしまうことも

あるのではないでしょうか。

 

韓国の4月にも同じことが

当てはまるのでしょうか?

 

そこで今回は、韓国の4月の気温を

日本と比較しながらみたいと思います。

スポンサーリンク

韓国の位置は?

韓国は日本の北西に位置します。

 

具合的に見ると、

韓国の首都ソウルの位置は

北緯約37度、東経約127度になります。

 

これに対し、

日本の首都東京は、

北緯約36度、東経約140度となっています。

 

首都の位置だけで比較すると、

両者の北緯にはほとんど差がないことから、

それらの気温についても

あまり変わらないのではないか

と思われます。

スポンサーリンク


韓国の気候は?

韓国の気候は、

北部は冷帯湿潤気候

南部は温帯湿潤気候

です。

 

つまり、

江華島や2018年にオリンピックが

開催された平昌(ピョンチャン)などは

「冷帯湿潤」

ソウル、仁川、釜山、済州島(一部を除く)などは

「温帯湿潤」

ということになります。

 

同じく日本も、

ほぼ冷帯湿潤気候と温帯湿潤気候です。

 

つまり、

韓国北部の気候は

日本の北海道の気候に、

韓国南部の気候は、

日本の北海道以外の地域の気候に

それぞれ近いものと考えれば良いでしょう。

韓国の4月の気温は?

では、

北部の「平昌」と南部の「ソウル」について、

それぞれの4月の気温を見ていきたいと思います。

・北部の平昌2018年4月 

平均14℃、平均高温18℃、平均低温9℃

上旬 最高24℃、最低3℃

中旬 最高25℃、最低6℃

下旬 最高31℃、最低4℃

 

・南部のソウル2018年4月

平均13℃、平均高温19℃、平均低温8℃

上旬 最高24℃、最低0℃

中旬 最高26℃、最低5℃

下旬 最高26℃、最低6℃

 

また、

同じように東京についても見てみます。

・東京2018年4月

平均17℃ 平均高温22℃、平均低温12℃

上旬 最高26℃、最低6℃

中旬 最高26℃、最低10℃

下旬 最高28℃、最低11℃

 

韓国の気温については、

「4月」に限って見ると、

緯度や気候の異なる北部と南部とを比較しても、

日本(東京)と比較しても、

ほとんど差がないということが分かりました。

 

韓国においても日本と同じように、

4月には「お花見」をされているようです。

 

最後に、4月の各日ごとに着目した場合には、

その日の最高気温が大幅に下回っているなど、

まるで冬のように極端に気温が低い日もあるので

少し気をつけましょうね。

 


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ