世界一長い「都市名」の国はどこ?何文字ある?

この記事は約 2 分で読めます。

世界一長い都市名はどこなの

と聞かれたときに、

すぐ答えられる方は

中々いないのではないでしょうか。

 

もちろん知っている方も

いらっしゃるかもしれませんが、

その都市名を正式に言える方は

いないことでしょう。

 

なぜならその都市名の

正式名称はとても長く、

母国の方々も覚えきれない程だからです。

答えを知ると、

なんでこの都市なのと思う方も

いるかもしれませんが、

実は普段使っているのは略称だったんです。

 

ここでは、

その世界一長い都市名とその意味について

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

世界一長い「都市名」の国はどこ?何文字ある?

タイ王国の首都である

「バンコク」が世界一長い都市名

になります。
 

 
正式名称をカタカナで表記すると

何と「123文字」にもなります。

 

現地に住むタイ人の方も覚えるのが困難で、

バンコクの正式名称を覚えるための

歌が存在するとも言われています。

 

スポンサーリンク


世界一長い「都市名」のカタカナ読み、日本語訳は?

バンコクの正式名称をタイ語にすると、

このような感じになります。

クルンテープ・

プラマハーナコーン・

アモーンラッタナコーシン・

マヒンタラーユッタヤー・

マハーディロックポップ・

ノッパラット・

ラーチャタニーブリーロム・

ウドムラーチャニウェートマハーサターン・

アモーンピマーン・

アワターンサティット・

サッカタッティヤウィサヌカムプラシット

 

これを日本語に訳すと以下の意味になります。

天使の偉大なる都、

帝釈天の不壊の宝玉、

帝釈天の戦争なき平和な、

偉大にして最高の土地、

九種の宝玉の如き、

心楽しき都、

数々の大王宮に富み、

神が権化して住みたもう、

帝釈天が建築神ヴィシュカルマをして

造り終えられし天使の都

 

色々書いてありますが、

とにかくすごい都市ってことですね。
 

 
冒頭でも少し触れましたが、

あまりに長すぎるので国民であっても

正確に言える人はほとんどいないのが現状です。

 

では、タイの方々は

何と読んでいるのでしょうか。

 

現地の方は

正式名称の冒頭の「クルンテープ」や

日本人と同じく「バンコク」

と読んでいるそうです。
 

世界一長い「都市名」になった理由とは?

 
では、なぜ首都名がここまで

長くなってしまったのでしょうか。

 

それはタイが王国であることが関係しています。
 

 
実は、王様が変わるごとに

毎回少しずつ首都名が変わっていきました。

 

そしてようやく1972年に

正式名称として定着したそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

普段は4文字で読んでいるバンコクが、

世界一長い都市名なことに

驚きではないでしょうか。

 

更には、タイ人の方も

なかなか覚えられないことにも驚きです。

 

こういった世界一の何かを

調べるのも面白いかもしれませんね。

 

Pocket

スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ